競馬を投資として成立させる方法とは

NO IMAGE

競馬は競走馬が猛スピードでコースを駆け抜ける迫力と共に、騎乗した騎手の駆け引きを楽しむ事が出来るスポーツです。
そのためシンプルにレースを観戦する楽しみもありますが、予想してお金を賭ける楽しみもあります。
ただし競馬でお金を賭けると言うと、万馬券の様に一気に大儲けしようと考える人が少なくないです。

競馬はそんな風に一攫千金を狙う、ギャンブル的な要素は確かに強くあります。
ですが一攫千金狙いでは、当たった際のリターンが大きい反面、基本的に勝率が悪くなるのです。お陰でトータルで安定して利益を出すのは、難しかったりします。所が競馬はやり方によっては、投資としてコツコツと安定して利益を得る事も可能だったりします。

投資競馬を実現するにはまず、勝負する馬券の種類を選定する事が重要です。
競馬の馬券と言うのは、1着を当てる単勝や1、2着に入る馬を当てる馬連、1着から3着までに入る馬を当てる3連複といった形で様々な種類の馬券が存在します。

ただし基本的に3連単や3連複、馬連や馬単といったある程度高配当が期待出来る馬券は、的中率が低くなっているのです。お陰で一攫千金狙いのギャンブルとして競馬を楽しむ際には魅力的ですが、投資競馬という観点からするとおすすめ出来ません。
的中率の高さが期待出来る、単勝か複勝の馬券を購入すべきです。

特に複勝は、1着から3着に入れば的中となる馬券なので他の馬券よりもかなり的中し易くなっています。
1番人気の複勝率は中央競馬でも6割程あるので、単純に1番人気の複勝を買い続けるだけでも勝率6割にする事が可能です。
ただし複勝は当て易い分だけ、肝心の配当がかなり安くなってしまう事が多かったりします。そのため幾ら勝率が6割あっても単純に1番人気の複勝を買い続けるだけでは、プラス収支にする事は難しいです。

同じ1番人気でも、レースによって抜けた存在だったり、押し出された形だったり様々だったりします。
なので1番人気の中でも、信頼性が高い馬を選ぶ事で勝率を6割以上に引き上げる事が可能です。同時にただ1番人気の複勝を購入し続けるだけでなく、購入の仕方も工夫する事で利益を膨らます事が出来ます。

投資競馬として、複勝を購入する際には転がしという方法を実践すべきです。
転がしとは、レースで得た配当をそのまま次のレースに投入するというやり方だったりします。
転がしを実践する事で、低い配当でも効率的に資金を増やして行く事が可能です。ただし転がしは繰り返せば繰り返す程に、的中率は低下して行く上に1度外すとそれまでの積み重ねが台無しになります。だからこそ転がすのは3回程度に止め、余り欲張り過ぎない事が投資競馬で安定して利益を得るために大事です。