人事部門にも追い風のネット副業

NO IMAGE

現在日本企業も人材育成においてなかなか難しいところが若い人材が企業に入ることが少ないこともあり、大学新卒を0から育てていくことに多くの資金を投入することが難しいでしょう。

場合によってはある程度スキルキャリア採用を優先して作業することが求められる時代になりました。さらに、既に従業員として働いている人材であってもスキルアップを図っていくためにはそもそもの日常業務の中でスキルアップをはからせることよりもうまくネット副業などを活用して自社の中ではなく社会との共存を促すことによってスキルアップを図ることがより効率的だと思われる時代になりつつあります。

もちろん、これを具体的に推進していくためにはまずは社内のルールを変える必要があるでしょう。
副業禁止していたルールをまずはオープンにすること、実際に副業をオープンするにあたってどのようなルールを設けるかは非常に重要なポイントです。

場合によっては企業としての秘密が暴露されてしまったり、人材そのものが流出してしまうことも視野に入れて動く必要が出てくるからです。
もちろん、リスクばかりを見ていてはなかなか進むものもすすみません。こうした、環境を整えたあとはしっかり人材育成に活かしていくことが求められます。

人材育成にあたり、社外と対峙しても遜色ない人材を育成していくためにうまく、副業を認める、その中でも勤務に影響がでづらいネット副業を推進していくということです。

実際にはあまりに、露骨に副業をすすめることは企業として考えにくいことかもしれません。だからこそ、自己研修でお試しで活用してはどうか?
社外に通用するかどうか試してみてはどうかという観点からうまく推進していくことが求められてくるはずです。

結果として、うまく人材育成のポイントとしてネット副業を活用できれば、さらにそのメリットは大きなものになるでしょう。
人材育成は簡単に短時間で根付くものではありません。
いかにして、企業に根付くところまでもっていけるかは、難しいポイントになってくるでしょう。

しかしながら、副業が許される会社、さらに自己研鑽のためにも許される、むしろ推奨されるとなれば、若い人材にとっては尚更人気を集めるための大きな要素にも繋がることはいうまでもありません。

長期的にプランニングを行い、方針をしっかり定めた上で進めていくことができてこそ、その成果が見えやすくなり、意味あるものになります。